本文へスキップ

一般家庭 普及 太陽光発電

一般家庭に普及しつつある太陽光発電 

一般家庭と太陽光発電
最近の太陽光発電はデメリットが少なくなり、メリットが大きくなってきました。

結果、太陽光発電は、2000年代に入ったあたりからちょくちょく一般家庭でも見かけられるようになり、今ではだいぶソーラーパネルを設置している家庭も増えてきました。

一般家庭に設置され始めた当初は、まだまだ大規模なもので自宅の屋根の上にドンと出っ張りが目立ってしまうソーラーパネルでしたが、近年では非常に薄く、屋根の一部として埋め込まれているものも出てきたため、外観を大きく損なう事なくソーラーパネルの取り付けが可能になったといえます。

一般家庭にソーラーパネルを設置する事の大きなメリットとしては、太陽光発電で得られた電力を生活電力の一部として使う事ができるため、電気代の節約になることです。

また、それだけではなく、太陽光発電による余剰電力は、電力会社に高値で売る事(売電)も可能なのです。(売電の価格は導入した時期により違います。)

こうした事から、多少コストはかかりますが、将来的な電気代やランニングコストを考えてソーラーパネルを家庭に設置する世帯も増えてきているのです。

また、こうした一般家庭への進出によってソーラーパネルは、今後より低コストで、より発電効率の改善か進んでいくでしょう。

そうしたことも将来の地球環境にとってプラスになっていく事は間違いありません。電気代も高くなっているご時世です。また、世界的な不況も本格的に脱する事のできていない時代です。そのため、よりエコで家計に優しい太陽光発電は今後も普及していく事と思います。

未来には電力会社と一般家庭が電気契約を結ばなくても自給自足で電力をまかなえる将来がくるかもしれません。というより、そうなっていかなければいけませんね。