本文へスキップ

震災 大規模 太陽光発電

震災後に広がる大規模な太陽光発電所


太陽光発電の一般家庭への進出は2000年代に入る前後からもう既に始まっていました。

いや、それよりも、もっと古くからソーラーパネルはかなり古くから存在しており、小学校の理科の実験ではソーラーカーを動かしたりしていたのです。

昔からある太陽光発電はあったのです。なのに、なぜ今頃になって太陽光発電の注目度が上がってきているのでしょうか。

その大きな理由は、2011年の東日本大震災にあります。

震災の津波の影響で東京電力は大打撃を受け、メインとして稼働していた原子力発電所が運転を停止。近隣の地域には大量の放射能が蔓延するという大惨事に発展しました。

これによって原子力発電はもとより、電力会社への信頼は急降下しました。原子力発電所の停止で電気料金が高騰するなど、一般の消費者にも大きな打撃も与えました。

これによって、原子力発電を廃止し、もっとエコロジーなエネルギー開発を進めていこうという働きが以前にも増して進行していったのです。

震災後、各地では一気に大規模な太陽光発電施設の開発案が立ち、そのうちのいくつかが国内に建設されました。

そうした世間の流れもありましたが、国民の間ではこうした電力を今までは独占市場も同然であった電力会社のみに頼っていてこの先大丈夫なのかという不安が広がり、一般家庭でもソーラーパネルを取り付ける家庭が震災後によりいっそう加速したといえます。

このような流れから、今後太陽光発電やソーラーパネルの改良は大きな課題で、より良い地球環境やエネルギー開発を目指していくためにも最優先していきたい問題なのです。

大規模な太陽光発電を導入するコツ


大規模な太陽光発電は費用も莫大です。その分、上手く導入すると数百万円も得する場合もあります。お得にシステムを導入するためには、何をおいてもやらなければいけないのは、相見積もり。

では、どこで相見積もりをすれば良いのでしょうか?

一番のおすすめは、産業用の太陽光発電の一括見積もりサイトの利用です。ここを活用すると、多くの業者から見積もりをとることができ、どこがお得に導入すると良いのかが手に取るよう知ることができるのです。

このサービスはいくらか料金を支払っても得しますが、なんと完全に無料で使えるサービスとなっています。

つまり、産業用の一括見積もりサイトは、使わないと損といえるサービスです。