本文へスキップ

太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電には、さまざまなメリットとデメリットが存在しています。

大まかなメリットとデメリットについて考えていこうと思います。

太陽光発電のメリット


まず、太陽光発電のメリットとしてはソーラーパネルを設置するだけで、特に動力を必要としないため、駆動音がなく静かな発電ができます。そのため閑静な住宅街でも広く普及させる事ができます。また、太陽光発電は空気を汚しません。

太陽光発電のソーラーパネルは、理科の実験などでも使われているとおり大きさを自由自在に設計できますので、設置が簡単で極めて小規模な発電を可能としています。

殆どの地域で大きな変化はなく太陽の光は降り注ぎますので設置場所が限定されないというのも大きなメリットのひとつです。

また、太陽光発電のソーラーパネルは雨や泥などで汚れたとしても綺麗に洗浄してあげる事で再び充電が可能になります。そのため極めてメンテナンスが容易で、ランニングコストもほぼ皆無なのです。

太陽光発電のデメリット


太陽光発電はこれだけ多くのメリットを持っていますが、同時にデメリットについても知っておく必要があります。

太陽光発電のデメリットは、自然エネルギーをそのままのかたちで使用するため、発電効率がまだまだ他の発電方式より悪いことです。

ソーラーパネルの設置に関しても、まだまだ広く一般に普及しているとは言えず、コストが高くつくのが難点です。

つまり、設置のコストと発電効率が見合わない発電方法であるとも言えます。

とはいえ、一般家庭などのごく小規模でも設置する事ができて、ランニングコストが安い面から見ても、長期的に使用していけば設置コストの元をとる事も可能なのが、太陽光発電です。

ちなみに、最近では7年、8年で元が取れるご家庭が増加してきています。また、今後電気代が上がっていく可能性があります。トータル面で考えると、売電価格が高い今、太陽光発電を導入することは損ではなさそうです。